期待できる効果

  • フェイスラインの改善
  • 肌のハリ改善
  • ほうれい線の改善
  • 小顔
  • 二重アゴの解消

使用する機材

HIFU

 ULTRAcelQ+ から ULTRAcel [zíː]への進化

ULTRAcel Q+の最新モデルの[zíː]は、更に治療効果を高めるために機能面で大幅に改善されています。

目元の小じわ・たるみにも照射可能

眼窩周辺(目まわり)は皮膚が薄いだけでなく照射範囲が狭いため、従来は照射が難しい部位とされていました。
ULTRAcel [zíː]では目元まわり専用に開発した照射カートリッジを搭載することで、目元まわりの細部にわたる気になるお悩みもしっかり治療できます。

施術時間を短縮

ULTRAcel [zíː]の照射速度は、ULTRAcel Q+と比べてLinearでは約1/2の速度まで短縮されました。もちろん効果は従来通り。
全顔3パス施術でも照射時間はたったの5分程度と、筋膜にまでアプローチできるたるみ治療法の中で最も短い滞在時間でご帰宅いただけます。

禁忌

  • タトゥー、アートメイク上の施術
  • 金属糸または金属プレート等を入れている方
  • 妊娠している方
  • ケロイド体質の方
  • アルコール・薬物依存症などの方
  • 重度な糖尿病・心臓疾患の方、心臓ペースメーカーなど使用の方
  • 創傷、重篤な皮膚疾患および感染症がある方
  • 金属アレルギーがある方
  • 出血性疾患の方
  • 重度の糖尿病・膠原病・透析中・悪性腫瘍などの疾患がある方
  • 自己免疫疾患の方
  • 顔の美容施術(外科手術の美容整形を含む)後1ヶ月以内の方

※術後1ヶ月経過していても腫れ・赤み・痛みなどの症状がある場合はお控えください。
※糸リフトは金の糸など金属類は治療不可。吸収されるタイプ(ショッピングリフトなど)は3ヶ月後以降治療可能。

副作用、リスク

  • 感染
  • 熱傷
  • 神経麻痺
  • 色素沈着

FAQ

施術時間はどれくらいかかりますか?

施術内容、照射部位によって異なりますが、全顔のリフトアップ治療の照射時間は平均400ショット照射した場合10~12分程度です。
デザインと照射方法のこだわりに応じて、少し長くかかることもあります。
詳細は医師もしくはスタッフにお尋ねください。

痛みはありますか?

痛みの感じ方には個人差がありますが、わずかに熱感があります。
ほとんどの方は麻酔なしで施術が可能ですが、ご心配な方は担当医師にご相談ください。

ダウンタイムはありますか?

ありません。施術後すぐにメイクも可能です。
稀に赤み、腫れ、かゆみが伴うことがありますが、これらは一時的な反応です。

ボトックスやフィラーの後にこの施術を受けることはできますか?

ボトックスやフィラー注入などの施術を受ける場合、ULTRAcel [zíː]の施術後をお勧めします。担当医師にご相談ください。

効果はいつ頃期待できますか?

施術直後から効果を感じることはできますが、2~3ヶ月後にコラーゲンが再構築され、このプロセスは、最長6ヶ月持続します。

何回の施術が必要ですか?

1回の施術でも効果的です。
ただ、効果を維持したいとお望みの場合は、継続して施術を受けられることをお勧めします。(半年に1回のペースが目安)

日焼け肌でもOKですか?

肌の色を問わず施術を受けられますが、日焼け直後は皮膚が熱を持っている状態ですので思わぬ副作用を招きかねません。
日焼けが落ち着いてからの施術をお勧めします。